日本国際保健医療学会 学生部会
担当者 knowledge  登録日時 2011-8-28 0:17 (2634 ヒット)



jaih-s feat. JPTSA

日本から世界へつなげよう!国際保健と地域医療
〜rehabilitationの役割〜




開始時間 13時10分
定員数 50人
予約締切時間 2011-9-21 0:10

■概要
■企画詳細
■タイムスケジュール
■参加申し込みについて
■お問い合わせ







■概要■

□日時  2011年9月23日(金・祝) 13時10分〜17時50分(予定)
□場所  大阪府立大学 キャンパス B13棟第5会議室
□交通案内
     大阪府立大学までのアクセス
     http://www.osakafu-u.ac.jp/access/
     キャンパス内の地図
 http://www.osakafu-u.ac.jp/info/campus/nakamozu_zoom.html
□参加費 500円 
□懇親会
ワークショップ終了後、懇親会を開催します(自由参加)。
参加費は実費となります。





■講師紹介■

石井 博之 先生(理学療法士)(杏林大学保健学部理学療法学科)
http://www.kyorin-u.ac.jp/univ/faculty/health/staff/detail.php?id=hea40167
神原 咲子 先生(近大姫路大学看護学部看護学科)
http://www.kindaikoutoku.ac.jp/category/class/kango_gakubu/teacher/prof26.html






■企画詳細■

■日本は現在発展途上を経て、先進国となっています。発展の過程の中で、
車等乗り物の普及や食文化のグローバル化などを経験してきました。
その中で、様々な生活習慣病が問題となってきており、様々な研究・政策
・対策が講じられてきているため、日本は生活習慣病対策の先進国である
ともいえます。 発展途上国でも以前の日本と同じように、 経済発展が進む
につれ、生活習慣病問題が少しづつ顕在化してきています。それらの問題
に対して、日本の経験を 、将来起こり得る発展途上国の生活習慣病予防に
す生かせるのではないかと考えました。

■ 今回の勉強会では、日本で起こっている 高齢化や生活習慣病に対
する 地域コミュニティでの活動を学ぶことで、これから途上国で起こり
始めている 生活習慣病問題を解決する方法を考えていきたいと考えています。
特に、今回はPTを中心に行われているrehabilitation、‘運動療
法‘にフォーカスを当て考えます。運動療法は、予防の中でも、
一次予防(発生予防)、三次予防(機能低下防止)の部分で特に重点
的に行われる療法です。地域の特色や、文化、背景を知り、その
人に合った運動療法を処方し、低コスト継続性のある効果が得る
ことが可能な療法である。資源の少ない発展途上国でも、実施可
能な療法であると考えられます。

■ ワークショップテーマ: 地域における医療活動における 多職種協働




■タイムスケジュール■


13:10〜13:30 イントロダクション(講師紹介、jaih-s,JAPTS団体紹介)
13:30〜14:30 神原先生による講演・質疑応答
14:30〜15:30 石井先生による講演・質疑応答
15:30〜15:40 休憩
15:40〜15:50 ワークショップの概要説明
15:50〜16:50 班別会議
16:50〜17:30 発表
17:30〜17:50 先生からのコメント、クロージング
18:50〜   懇親会(希望者のみ)




■参加申し込みについて■

当日参加も可能ですが、資料や会場準備のため、
参加ご希望の方は、【2011年9月20 日(木)まで】に、
以下のページから必要事項をご記入したうえで、お申込みください。
*20日以降のお申込みの方は、以下の勉強会に関する
お問い合わせアドレス宛に御一報ください。




■お問い合わせ■

イベントに関するお問い合わせは
以下のアドレスにお願いします。
knowledge☆jaih-s.net
(☆を小文字の@に直してお送りください)



たくさんのご参加をお待ちしています!!





受付を終了しました
HP移転のお知らせ
jaih-sのウェブサイトは
下記URLに移転しました。
お気に入りや、ブックマ
ークに登録されている方
は、お手数ではございま
すが、変更をお願いいた
します。
http://jaih-s.org/
jaih-s
国際保健とは
twitter
書籍の購入
amazon.co.jp
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失