日本国際保健医療学会 学生部会
第14回jaih-s国際協力ワークショップ@仙台報告  

jaih-s国際協力ワークショップ〜誰にでもわかる国際保健〜
第14回 「プライマリーヘルスケア」 

主催:jaih-s

協力:国立国際医療センター




◇プログラム概要◇

13:00 〜 イントロダクション
jaih-sとワークショップのご紹介
講師のご紹介
13:15〜  PHC概論
13:50〜  グループワーク
14:30〜  休憩
14:45〜  グループワーク発表
15:15〜  まとめの講義
15:40〜  質疑応答・意見交換
16:30〜  終了

勉強会のテーマであるプライマリーヘルスケア(以下PHC)には
▽基本的な人権として、全ての人に健康を与える
▽その達成過程での意思決定は住民の主体的な参加
など多様な考え方・捉え方があります。
PHCの30周年のこの機会に、とある国の事例を用いて、
PHCについて参加型のワークショップを企画しました。

◇参加者の声◇

・講義中にも適宜、質問ができ主体的に参加できて楽しかった。
・選択的PHCと包括的PHCの話がよく理解できた。
・グループワークでは、役割分担がすぐに決まり、一人ひとりが意見
を出して良い作業が行えました。
・ファシリテーターが、どんどん話す人、大人しい人をうまく
オーガナイズしてくれたのでスムーズに議論が進んだ。
・グループワーク・発表共に時間がもう少しあると有難かった。

◇企画を終えて◇

看護学部、経済学部の学生や大学院生の方が参加して下さいました。
いつものように仲佐先生の惹きつけられる講義に皆さん真剣に聞き
入っていました。グループワークでは時間のない中、学部などの
バックグラウンドが異なるにも関わらずいろいろな意見が出ていました。
参加人数は少なかったですが、その分、アットホームな雰囲気で進み
参加者の方々にとって良い時間を過ごせたのではないかと思います。
皆さん、とても楽しかったとの感想で安心しました。
プリンタ出力用画面 友達に伝える
HP移転のお知らせ
jaih-sのウェブサイトは
下記URLに移転しました。
お気に入りや、ブックマ
ークに登録されている方
は、お手数ではございま
すが、変更をお願いいた
します。
http://jaih-s.org/
jaih-s
国際保健とは
twitter
書籍の購入
amazon.co.jp
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失