日本国際保健医療学会 学生部会




第9期代表
第8期代表
第7期代表
第6期代表
第5期代表
第4期代表
第3期代表
第2期代表
第1期代表





jaih-s第9期代表
吉村 翔平(岡山大学医学部医学科5年)




9期代表






jaih-s HPをご覧のみなさま、こんにちは。jaih-s第 9期代表の吉村翔平です。
この度はjaih-s HPをご覧いただき誠にありがとうございます。

jaih-sは国際保健医療分野の「人材育成」を目指し日々活動を続けています。外務省の国際保健外交戦略でも国際保健人材の強化が戦略の1つに盛り込まれていることはご存知でしょうか?かつては国際保健医療というと少しハードルの高い存在と思われがちでしたが、グローバル化が急速に進行している現在、国際保健医療は私たちに身近な存在となりました。jaih-sは国際保健医療分野の人材育成を担う団体として、同じ夢を持つ学生に国際保健医療に関わる機会を提供するとともに、一人でも多くの学生に国際保健医療を知ってもらい、世界中で起きている身近な問題について考えていきます。

今年でjaih-sは9年目を迎えました。第9期のjaih-sでは「最先端知り、未来を開拓するjaih-s」を活動理念に掲げ、活動していきます。現在国際保健医療の分野はかつてないようなスピードで変化しています。したがって、常に今世界で起こっていること、すなわち「最先端」に目を向け、そのような世界の変化についていくことはとても大切なことであると同時に、国際保健医療の「未来」を見据え、自分自身がこれから進むべき道を考えるきっかけにもなると考えています。

そのような活動理念のもと、第9期でも全国各地での勉強会やフィールドマッチング、国際保健トレーニング合宿など様々なイベントを企画しています。HPだけでなく、facebookやtwitterでも各イベントの情報を発信していきますので、是非ご覧になってください。

今後ともjaih-sをどうぞよろしくお願いします。

吉村翔平






■第9期jaih-s代表立候補マニフェストはこちらからダウンロードできます






jaih-s第8期代表
小淵 香織(徳島大学医学部医学科4年)




8期代表





jaih-sホームページをご覧の皆様

こんにちは!jaih-s第8期代表の小淵香織です。
この度はjaih-sのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

私が初めて国際保健医療に興味を持ったのは、人種も国籍も違うスタッフが途上国での医療活動を行っている様子をテレビで見たことがきっかけでした。こんなにも劣悪な環境で生活している人たちが世界にはたくさんいるということがとても衝撃的であり、世界の矛盾を強く感じました。と同時に、自分の国ではない所で、真摯にいのちと向き合って活動しているスタッフの姿に心打たれ、私も人間の根源である「いのち」を取り巻くところで働きたいと思うようになりました。

日本の学生の中にも、国際保健医療に少しでも興味がある人は実はとても多いと思います。途上国での保健医療活動、WHOなどの国際機関で働くこと…きっと、このページを見ている方は、そういったことにちょっとした(もしくは大きな)興味や憧れを抱いていることと思います。
そこで、8年目を迎えたjaih-sでは、『発信力』という理念を掲げました。
学術的な交流の場である学会の学生部会という特徴を生かし、国際保健医療の最前線を発信し、興味を実際の行動へ繋げる機会を提供することで、国際保健医療を志す全ての人の拠り所としてあり続けたいと思っております。

日本各地での勉強会、学会と同時開催のユースフォーラム、合宿形式で国際保健医療にどっぷり浸かるトレーニング合宿、そして実際の現場を体験する海外でのフィールドマッチング。国際保健医療にちょっと興味がある、という方から、本気でキャリアアップしたい!と考えている方まで、どんな方でも満足できる企画がjaih-sには揃っています。
また、このホームページだけでなく、facebookやtwitterでも情報発信を行っているので、是非チェックしてみてください。


世界のいのちのために、学生だからできること、始めてみませんか?
今後ともjaih-sをよろしくお願いします。

小淵香織






■第8期jaih-s代表立候補マニフェストはこちらからダウンロードできます








jaih-s第7期代表
中嶋 麻子(滋賀医科大学医学科4年)


7期代表





jaih-sHPをご覧の皆様。こんにちは。第7期代表の滋賀医科大学医学科4年、中嶋麻子です。この度はHPをご覧いただき、誠にありがとうございました!

国際保健医療の勉強会情報や海外での研修情報を得たい方、国際保健関連の本の情報を知りたい方、国際保健医療の現場で活躍されている先生情報を知りたい方、はたまた進路に迷っている方、ふらっと立ち寄った方など様々な方がおられることと存じます。

jaih-sはこれまで7年間にわたり、全国の国際保健医療に関心のある学生と国際保健医療の世界への懸け橋として活動を続けてまいりました。
「世界のいのちのために」という理念のもとに、国際保健医療に関する学びの場を提供し、将来国際保健医療を担う人材の育成を行っています。

運営委員はみな学生ということで、自らもこれから歩む進路に迷いを抱き、模索している最中です。国際保健医療につながる道とは、どのような関わり方が可能なのか、何を知るべきか、そしてそもそもなぜ国際保健医療活動を行うのか。皆様と一緒に考え、共に学ぶ団体であり続けたいと思います。
7期jaih-sでは「自己成長」という理念を掲げ、活動を続けております。
jaih-sに関わる全ての皆様の自己成長を可能にするために、まずは私たち運営委員自身が
自身の内的充実を図り、日々自己成長できるよう、歩んでおります。

これからもjaih-sでしか学べない貴重な機会をたくさん提供していく予定です。現在アイディアを出し合いながら、運営委員総力を挙げて企画を作っております。大いにご期待ください!
そして、このHP上でも、どんどん情報発信していく所存です。またHPにも遊びに来て
くださいね。

今後とも、jaih-sをどうぞよろしくお願いいたします。

中嶋麻子








■第7期jaih-s代表立候補マニフェストはこちらからダウンロードできます







jaih-s第6期代表
小澤 萌(宮崎大学医学部医学科5年)


jaih-s6期代表




jaih-sホームページをご覧の皆さま、こんにちは!
このたびはjaih-sホームページにお立ち寄りくださり、ありがとうございます。

jaih-sのイベントに興味を持ってくださった方、
フィールドマッチングやトレーニング合宿に応募を考えている方、
jaih-s運営委員に関心をお持ちの方、
とにかく国際保健医療についての情報を求めている方…

おそらくさまざまな思いを持った方々がjaih-sホームページを覗いてくださっていることと思います。
目的の情報は、得られたでしょうか?
jaih-sではこのホームページが、今から国際保健医療の世界に足を踏み出してみよう、という人にとっても、また、すでに色々と行動を起こされている方にとっても、有益な情報源、そして、「きっかけ」の場となるようにと考えております。今後もさらなる充実のため、改築を重ねていく予定ですので、既に目的のページをご覧になった方も、他のページにもぜひ足を踏み入れてみてくださいね。

****
jaih-sは、国際保健人材育成を最終的な目的とし、国際保健を志す学生に平等な機会提供を行っています。「ネットワーキング」「大学では得られない特別な学習環境」「多様性」の3つを理念に様々なイベント企画・運営などを行ってまいりました。

第6期jaih-sの活動理念は、「変える力を創造する、jaih-s」。jaih-sが、国際保健を志す学生1人1人を変化・成長させ、その成長が世界を変える力となるような団体にし続けたいと思います。さらに、設立6年目を迎える今年、活動を拡大していく上で欠かせない安定した活動基盤づくりを完了させ、これから10年、20年先もjaih-sが国際保健を志す学生のハブであり続けるよう、運営委員一同、努力してまいります!

jaih-sへの関わり方はさまざまです。ホームページ閲覧、jaih-sメーリングリストへの購読、各種イベントへの参加、そして運営委員になること。いずれの方法でも大歓迎です。
jaih-sでは、国際保健医療を志す皆さまのご参加を、心よりお待ちしています!

2010年10月







■第6期jaih-s代表立候補マニフェストはこちらからダウンロードできます







jaih-s第5期代表
安東 久雄(国立看護大学校看護学部2年)





jaih-sのホームページをご覧の皆様

こんにちは。10月より5期jaih-sの代表を務めております安東久雄です。皆様はどんな思いや経験がきっかけで、国際協力や国際保健を考えるようになったのでしょうか。

私のきっかけは中学生の頃、社会の資料集でアフリカの難民キャンプの様子を写した一枚の写真でした。何不自由なく、のほほんと暮らしてきた自分の生活と、栄養不足でやせ細っている子どもたちの生活とのあまりに大きな隔たりに心が痛みました。それ以来、保健医療分野で国際協力の仕事がしたいと考えるようになりました。世界中の人々のいのちや生活の格差を是正するために自分にできることは何だろうかと考えている時にjaih-sに出会いました。

ご存知の通り、jaih-sは様々な課題を抱える世界と真正面と向き合い、世界中の人々のいのちや生活を考え、行動する人材を育成する学生団体です。そして、国際保健に興味を持つ様々な分野の学生が集まり、刺激し合い、共に学ぶための環境があります。将来、国際保健に携わるための橋渡しをするという成長・発達の場でもあります。

 jaih-sはまだまだ発展途上な団体ではありますが、国際保健に関心を持たれている全国の皆様と連携し、世界中の人々のいのちが輝く未来を目指して、さらに活動を発展させていきたいと考えております。jaih-sを通して全国各地の国際保健を志す仲間と出会い、一緒に国際保健を学びませんか。皆様のご参加を心よりお待ちしております!

2009年10月




■第5期jaih-s代表立候補マニフェストはこちらからダウンロードできます







jaih-s第4期代表
船戸真史(長崎大学医学部医学科3年)





皆様

jaih-sホームページへお立ち寄り頂き、ありがとうございます!
皆様のおかげで、jaih-sは早くも4期目を迎えることになりました。
年々着実に活動の幅を広げ、これまでのイベントに参加して下さった学生数も
延べ1,200名を越える程のご好評を頂き、一同とても嬉しく思っています(2008年9月現在)。


「国際保健分野において、学生の立場からできることは何だろう?」

きっと皆さんも、このような気持ちを一度は胸に抱いたことがあるでしょう。もちろん私もその一人です。
「とにかく何か始めてみたい!」、「もっともっと知識を深めたい!」、「全国の仲間や先生と繋がりたい!」
そんな熱い気持ちを持ったあなたをjaih-sは情報盛りだくさんのホームページと豊富なコンテンツを揃えてお待ちしています。
例えば先生と学生が一同に会する「総会ユースフォーラム」「地方会ユースフォーラム」
豊富な講師陣と共に国際保健を深く学ぶ「トレーニング合宿」
フィールドに赴き自らの肌で世界を感じる「学生フィールドマッチング」
身近な場所で開催され気軽に参加できる「勉強会」など、
いつでも、どこからも、誰とでも参加できる魅力的なイベントが全国各地で展開されています。

そして私は、jaih-sが多様な価値観や視点を持った学生達が集い刺激しあう「るつぼ」になれることを願っています。
団体理念にもあります通り、「せかいのいのち」に思いを馳せ、活動の道を模索する時に専門分野の垣根なんてありません。
保健医療に限らず政治、経済、環境、教育、福祉、人権、・・・・どんな学部、どんな地域からのご参加も大歓迎です。

それでは、会場で皆様とお会いできることを楽しみに待っています!





jaih-s第3期代表
朴大昊 (鳥取大学医学部4年)




jaih-sホームページをご覧の皆さん、こんにちは!

皆さんは国際保健に興味がありますか?
いきなり国際保健といわれても、違う世界のコトのように感じる人がいるかもしれません。

しかし、本やテレビやインターネットなどの様々な情報ツールから、私たちは世界の多くの人々が飢餓や治療・予防できる感染症で死んでいるということ、世界の多くの人が生まれた場所によって寿命を決められていることを知っています。
ほんの少しの想像力を世界に向けてみると、そこには私たちのできる何かがたくさん残されているかもしれません。

jaih-sは、国際保健を志す学生、国際保健に興味のある学生に、国際保健を見て、聞いて、感じることのできるよう、様々な企画を通して機会の提供を行っています。

このホームページでは、jaih-sの主催する企画だけでなく、国際保健に関するイベント情報、参考図書や専門機関の紹介、国際保健の第一線で活躍される先生方の情報、意見交換スペースなど、国際保健を学ぶ人にとって、夢のようなコンテンツがいっぱいです。

jaih-sでは設立以来、多くの学生がjaih-sの活動に参加してきました。卒業してからも、あるものは国際保健を志し、あるものはjaih-sでの出会いや経験を生かして、現在の職場で一生懸命働いています。

いつまでも、jaih-sが国際保健を学ぶ学生にとって窓口であり、将来への出口でいられるよう、運営委員一同、頑張っていきたいと思います。

皆さんも、今もっている国際保健への想いをさらに一歩前へ!
jaih-sの活動に参加してみてはいかがですか?





jaih-s第2期代表
長嶺由衣子 (長崎大学医学部医学科4年)




ようこそ、jaih-sのホームページへ。

2005年10月jaih-sは正式に発足し、2006年6月にこのホームページが設立されてからようやく半年ほどが過ぎようとしています(2006年12月現在)。
この半年間、急ピッチで作業を進め、様々な先生方や団体の方々のご協力の下、少しずつ情報量を増やしてきました。今後も、jaih-sのイベントや活動情報はもとより、国内の国際保健イベント情報、日本の国際保健の第一線を走る先生方の情報、先生方お勧めの本、NGOや国際機関の情報などなど・・・盛りだくさんのコンテンツを充実させていく予定です。
その他、リンクのコーナーには国際保健を目指すあなたに有用な情報を掲載してくれているホームページなどもご紹介しています。

まずは、「初めての方へ」を訪れてみてください。
このホームページに一体どんな情報が掲載されていて、あなたが欲しい情報はどこにあるのかを知ることができるはずです。

「欲しい情報があった!」という方は、是非また訪れて周囲の人にも教えてあげてください。
「欲しい情報が見つからない」という方は、是非「こんな情報を載せて欲しい!」とjaih-sに伝えてください。

そして、「わざわざホームページを見なくても、定期的に情報が欲しい!」、「jaih-sで活動してみたい!」と思った方、「jaih-sへの参加方法」をクリックしてみてください。

この出会いは将来きっと宝物になるはずです。
jaih-sを架け橋に、どこかでお会いできるのを楽しみにしています。





jaih-s第1期代表
香取さやか (滋賀医科大学医学部医学科5年)



jaih-sのホームページへお立ち寄りいただいた皆さん、ようこそ!



皆さんはどんな思いでこのホームページを訪れましたか? 国際保健に興味がある、実際に海外で活動してみたい、先生のことを知りたい・・・、色々な思いがあると思います。


jaih-sが活動を始めてから1年ほどになりますが、少しずつ活動を積み重ね、こうしてホームページとして公開できるようになったことを、嬉しく思っています。このホームページは、皆さんにjaih-sのことを知って欲しいというだけではなく、「国際保健のことを学びたい学生にとって役に立つ情報を提供したい」という思いで作られています。ぜひ、「情報スペース」や「FAQ」のタグをクリックしてみてください。まだ情報量は少ないかもしれませんが、国際保健について知り、学び、行動するための情報を、これから徐々に充実させていきたいと思っています。


そして、ホームページをご覧になった皆さん、ぜひ私たちと一緒に活動しましょう! jaih-sでは、トレーニング合宿やフィールド実習、ワークショップ、または先生方との飲み会など、皆さんが参加できるイベントを色々と企画しています。国際保健に興味を持つ方ならどなたでも歓迎します。幅広い分野で学んでいる皆さんと、jaih-sを通じて出会えることを、楽しみにしています。




投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
HP移転のお知らせ
jaih-sのウェブサイトは
下記URLに移転しました。
お気に入りや、ブックマ
ークに登録されている方
は、お手数ではございま
すが、変更をお願いいた
します。
http://jaih-s.org/
jaih-s
国際保健とは
twitter
書籍の購入
amazon.co.jp
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失