日本国際保健医療学会 学生部会
SmartClient is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
鈴木 諭(すずき さとし)先生 鈴木 諭(すずき さとし)先生
・ご専門分野
  現在は、主に開発教育分野の仕事に従事しています。


・略歴
  民間企業勤務後、青年海外協力隊参加。アフリカのマラウイでエイズ対策に従事。
  エイズ予防教育、HIV検査施設設立、HIV陽性者の支援に従事。

  また、2008年5月の中国四川省大地震にかかる国際緊急援助隊救助チーム派遣に
  業務調整員として参加。

  現在、拓殖大学国際学部非常勤講師も務める。


・現在のお仕事でやりがいを感じるのはどんなときですか。
  最近、「つながり」を意識して人との関係性の広がり考えたりします。
プライベートだけでなく仕事でも多くの方々と接する機会が多いのですが、
「つな がり」が増えていく、広がっていくことが、やりがいでしょうか。
自分との「違い」を持っている人に特に興味があります。
一期一会を大切にしていきたいと思う今日この頃。


・学生時代をどのようにすごされましたか。
  学生時代は、ヨット部に所属していた他、人権NGOでボランティアをしていました。
後者では、活動が終わった後、他大学から来た学生と一緒になって、
よく酒を飲みながら日本の政治批判や社会の在り方について議論していたことが
記憶に残っています。
あの時はいろんな刺激を受けたし、社会のしがらみがなかった分、異常に熱かった・・・


・国際保健分野を志したきっかけはなんですか。
  私は、医療分野の仕事経験が全くありません。青年海外協力隊エイズ対策隊員
 としてエイズの予防教育に関わったことがきっかけで、今回のように国際保健に
 従事している方々とお付き合いをさせていただいています。
 ですから、国際保健という言葉自体、私は知らなかったわけです。
 だから「国際保健を志した」という意識はないんですよね〜・・・
 エイズ対策隊員を選んだのは、それがアフリカで大きな問題になっているから
 ぐらいの認識からです。


・学生へひとことメッセージ
  よく寝てよく遊ぶ。


・おすすめの本
  「大学時代しなければならない50のこと (PHP文庫)」中谷彰浩
  「希望の国のエクソダス」村上龍
  「アフリカ 苦悩する大陸」ロバート ゲスト
  「アフリカ・レポート―壊れる国、生きる人々 (岩波新書)」松本 仁一
  「Letting Them Die: Why HIV/Aids Prevention Programmes Fail (African Issues)」 Catherine Campbell
  「The Trouble With Africa: Why Foreign Aid Isn't Working」 Robert Calderisi

・読んでないが読みたい本
  「援助貴族は貧困に巣喰う」グレアム・ハンコック(←絶版なんですよね・・・)

 
Statistics
This page has been seen 3302 times
This client's website has been visited 0 times

HP移転のお知らせ
jaih-sのウェブサイトは
下記URLに移転しました。
お気に入りや、ブックマ
ークに登録されている方
は、お手数ではございま
すが、変更をお願いいた
します。
http://jaih-s.org/
jaih-s
国際保健とは
twitter
書籍の購入
amazon.co.jp
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失