日本国際保健医療学会 学生部会
euphoria × jaih-sコラボ企画 第1弾  高山義浩先生講演会報告  

《テーマ》プライマリ・ヘルス・ケア〜地域による、地域のためのヘルスケア〜  
主催:euphoria & jaih-s


◇企画概要◇
プライマリ・ヘルスケア(以下PHC)は住民の自助と自決のもとに運営していこうという考え方である。だが、住民にとってPHCとは与えられるものではない。住民自らが、自分たちにとって何が必要なのかを考えなければならない。つまり、介入的ではなく内発的発展でニーズを見出していくことが必要である(高山先生)。今回は、高山先生の途上国でのご経験から、PHCの歴史から実践、原則などをご講演いただきました。

◇参加人数◇
62名

◇参加者の声◇
・話の内容が一見違うかな?と思って聞き出すと、実はすべてに関連していることが良く分かった。
・性教育(HIV/AIDS)をおこなう際の導入として手洗い・うがいからアプローチする。人だけでなくどの事象もつながっているのだと感じました。
・とても興味深い話で楽しかったです。
・先生のお話は今度の保健師活動に大変に参考になりました。第2弾楽しみにしています。
・医療に関してあまり知識がない私にも大変分かりやすかったです。
・自由な旅行の大切さ。自分の経験と現在を結びつける大切さ。
・国際医療に限らず、地域の話もあり、地域での保健活動に興味が出ました。
・佐久でのお話も聞いたけれど、さらに深いことまで聞けてよかった。
・歴史から感染症対策や今の感染病に対する人々の考えが学べて確かに今の人は、健康に対して無関心だと感じた。
・もっと高山先生のお話を聞きたいと思いました。
・最初に言われた等差(比)数列の話が最後に繋がればと良いと思っています。
・新聞で高山先生を知り、直接お話を聞きたくなり来ました。PHCのエッセンスに触れる事ができ、充実した時間でした 社会の大きなうねりに関心を持ちました。自己の体に感心な今の人という言葉にも関心をもった。世の健康ブームとのつながりはあるのだろうか?
・PHCの具体的な考えを知る事が出来たのが良かった。
・宇宙、自然の等比級数的な成長の話から新型インフルエンザまでとても興味深かったです。先生の医療だけでない旅、漫画など、様々な分野に興味をもって楽しんでいらっしゃるのが伝わってきました。
・influencer、key personと話をする、話を聞くというところは考えさせられた。
・ベンフォードの法則は知らなかった。PHCの考え方の再確認になった。高山先生の視野?目を向けるところの広さを感じました。
・質問がインフルエンザのことだったのは、PHCとか関係ないのでは・・
・自分の体は自分で守る。その意識が消えつつある事に気づかされた。
・PHCについてもっと詳しくお伺いしたかったです。PHCという講演名であったために来たため、非常に興味深い話しでしたが少し残念でした。
・国際保健ということで、そのあり方や、援助を受けている地域の周辺をみるという視点に気づきがありました。

◇企画を終えて◇
世界各国の人口における自然法則から話が始まり、これまで人類が どのように問題を克服してきたのかに触れ、そこから歴史的な流れにおけるPHCの位置づけへと展開する高山先生のお話は、大局を俯瞰してから細部を見つめることの大切さ、過去からの流れとして現在を見つめることの重要さに気づかせてくれます。世界各国の現状を知るのに、援助が入っている地域を見るのではなく、順番としてはじめに、ODA、NGOなどの入っていない普通の人たちを知るべきであるという考えに、目を開かせられた方は多いのではないでしょうか。この考えに基づいて世界を放浪された体験や、これまでの臨床経験に裏付けられた、先生からのPHCの基本原理についてのお話は、具体的であり聴衆をひきこむあっという間の2時間となりました。今回は、第1弾ということで、後半となる第2弾目も予定しています。第1弾に参加された方はもちろんのこと、第2弾から参加される方にとっても、高山先生ならではの非常に分かりやすいPHCの考え方を学ぶことができる貴重な機会になります。是非、第2弾にも多くの方が参加されることをお待ちしております。
プリンタ出力用画面 友達に伝える


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
HP移転のお知らせ
jaih-sのウェブサイトは
下記URLに移転しました。
お気に入りや、ブックマ
ークに登録されている方
は、お手数ではございま
すが、変更をお願いいた
します。
http://jaih-s.org/
jaih-s
国際保健とは
twitter
書籍の購入
amazon.co.jp
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失