日本国際保健医療学会 学生部会
会則

日本国際保健医療学会学生部会(jaih-s)規約

第一章
第一条【本会の名称】

本会の名称は日本国際保健医療学会学生部会とし、 英語名はJapan Association for International Health, Students Sectionとする。
略称は、jaih-s(ジャイフエス)とする。

第二章  理念、目的および事業
第二条【本会の理念と目的】
本会は、日本国際保健医療学会の協力のもと、国際保健に関心を持つ様々な分野の学生に対し情報や機会の提供を行い、世界で活躍できる人材を育成することをもって、日本および国際社会に貢献することを目的とする。

第三条【本会が行う事業】
本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
1. 国際保健医療に関する学術講演会、研究発表会の開催
2. 日本国際保健医療学会との連携
3. 日本国際保健医療学会学術大会及び地方会への参加
4. 国内外の関係学術団体・学生団体との連携及び提携
5. 国際保健医療、国際保健医療人材育成に関する資料の収集並びに研究及び調査
6. 国際医療協力に関わる諸団体相互の連携及び提携
7. その他、前条の目的を達成するに必要な事業

第三章 会員
第四条【本会の会員の定義】
1. 本会の会員は、国内外の大学、大学院または専門学校等に籍を置く学生でなければならない。
2. 本会への入会はホームページからの登録と入会費1000円を当会へ支払うことをもって行う。
3. 本会の会員は会員専用のメーリングリスト(以下、会員メーリングリスト)へ登録される。

第五条【会員資格の喪失】
会員は次の理由によってその資格を喪失する。
1. 退会
2. 第四条1項を満たさなくなった場合
3. 死亡

第六条【会員の権利と義務】
1. 会員は総会と会員メーリングリスト上において投票する権利を持つ。
2. 会員は本会の運営に対し、所定の手続きに従って運営委員に異議を申し立てることができる。
3. 会員は本会の定める特典を受けることができる。

第七条【会員・運営委員による投票】
1. 会員は、本会則改正や運営委員人事など投票で決するべき事項が存在するときは積極的に投票せねばならない。
2. 総会での投票または電子メールによる投票を行う場合は、公示から投票まで最低1週間空けなければならない。ただし、公示する権利は運営委員のみが有するものとする。
3. 会員による投票数が30名に満たないときは投票を無効とし、再度投票を行う。
4. 総会での投票は、出席者により無記名で行う。
ただし、欠席者が事前に電子メールで行った意思表示は、出席者による投票と同等の効果を持つ。

第四章 サポーター
第八条【本会のサポーターの定義】
サポーターとは、本会の目的に賛同し、本会の活動を支援するためにサポーター費を納入した法人および個人をいう。サポーターに関しては、本会則と別に「jaih-sサポーターに関する細則」を設ける。

第五章 運営委員会
第九条【運営委員会の構成】
本会に次の運営委員を置く。ただし、すべての運営委員は本会および日本国際保健医療学会の会員でなければならない。
1. 代表  1名
2. 副代表 1〜2名
3. 会計  1名
4. その他の運営委員 人数は適宜設定する

第十条【運営委員会の役割】
1. 運営委員は本会代表のもと運営委員会を組織し、本会の運営および事業の計画・実行を行う。
2. 代表、副代表、会計、その他各事業の責任者は別途リーダー会を組織し、本会の運営方針など各事業を行ううえで基盤となる事項の決定を行う。
3. リーダー会により決定された事項は、代表が必要と判断した場合本会のメーリングリスト上(以下、本会メーリングリスト)で公開する。
その際、会員から問い合わせ・異論が出た場合には誠実に対応せねばならない。会員は、原則として公開後1週間以内に問い合わせるものとする。
4.事務局は毎月本会メーリングリスト上で運営の状況を報告する。

第十一条【代表の選出】
本会代表の選出は、以下の手続きにより行われる。
1. 日本国際保健医療学会総会で行われる本会総会の8週間前までに代表が任命した選挙管理人が本会メーリングリスト上で立候補者の受付を行う。
2. 選挙管理人は本会メーリングリスト上で総会の7週間前までに立候補者の公示を行う。
3. 会員は総会の6週間前までに選挙管理人に電子メールにより投票を行う。 立候補者が1名の場合は、信任票が投票総数の過半数を占めれば当選となる。 候補者が複数の場合は、投票総数の過半数を獲得する候補が出るまで 獲得票数が最も少ない候補を除いて5日の間隔を空けて最高で計3回まで繰り返し投票を行う。
それでも決しない場合は、3回目の投票で最も多くの票を獲得した候補が代表となる。
4. 投票の結果は選挙管理人が速やかに本会メーリングリスト上で発表する。

第十二条【運営委員の任期】
1.代表、副代表の任期はその年の日本国際保健医療学会総会終了時から翌年の同総会終了時までとする。
2.その他の運営委員については、原則として4月から9月、10月から3月の6か月ずつを任期とする。

第十三条【代表三選の禁止】
代表の三選は、これを禁止する。

第十四条【運営委員の任免】
1. 代表は、選出された後に本会メーリングリスト上で運営委員の募集を行い、運営委員会を組織する。
2. 運営委員は代表が任命する。
3. 代表は運営委員会の組織後1か月以内に委員の氏名・所属(大学、大学院、専門学校など)を本会メーリングリスト上で発表する。
4. 第3項で発表された以降運営委員会の構成を変更する際は、リーダー会の過半数の賛成を必要とする。
5. 運営委員が、リーダー会の過半数によって健全な職務の遂行が不能の状態にあると認められた場合は、罷免される。

第十五条【代表の欠缺】
代表が、過半数の運営委員によって健全な職務の遂行が不能の状態にあると認められた場合は、副代表がその職務を代行する。

第六章 会議
第十六条【運営委員会会議の招集】
1. 運営委員会会議は、運営委員体制が変わる時期に年1回以上代表がこれを召集する。
2. 同会議の議長は、代表とする。
3. 同会議では、運営に関する事項について話し合い、決定する。

第十七条【総会での承認】
次に掲げる事項については、通常総会の承認を受けなければならない。
1. 事業計画及び収支予算について
2. 事業報告及び収支決算について
3. その他運営委員会において必要と認めたこと

第七章  会計
第十八条【本会の会計】
本会の会計はサポーター費、日本国際保健医療学会からの助成金、事業収入、その他をもって賄う。

第十九条【会計の報告】
本会の事業計画及び収支決算は、会計が作成し運営委員会の決議を経て、 総会に報告しなければならない。

第二十条【会計年度】
本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年の3月31日に終る。

第八章  改正
第二十一条【会則の変更】
本会則は運営委員会および総会において、それぞれ投票総数の過半数の賛成を得なければ変更することはできない。

第九章  補則
第二十二条【細則規定】
本会則の施行についての細則は、運営委員会での議決を経て別に定める。

付則
1. 本会則は、平成年25年11月2日から改正施行する。

以上


jaih-s サポーターに関する細則

第一章 総則
第一条【本細則の制定】
本規約は、日本国際保健医療学会学生部会jaih-s(以下、本会という)規約第四章第八条の規定に基づき、jaih-sサポーター(以下、サポーターという)に適用する。

第二章 目的
第二条【サポーターの目的】
サポーターとは、本会の目的に賛同し、本会の活動を支援するために、サポーター費を納入した個人・団体をいう。法人サポーター・個人サポーター(一般サポーター/学生サポーター)に分類する。

第三章 資格
第三条【サポーター資格の有効期間】
サポーター資格は、初回年会費の振り込みが本会事務局によって確認された日から同年度3月31日までとする。

第四条【サポーター資格の喪失】
サポーターは次の理由によってその資格を喪失する。
1.退会届を提出し、受理されたとき
2.本人が死亡し、若しくは失踪宣告を受け、又は会員である団体が消滅したとき
3.継続して1年以上会費を滞納したとき
4.除名されたとき

第五条【サポーター資格の更新】
サポーター資格は、前条の会員資格を喪失した場合を除き、自動的に更新されるものとする。

第六条【除名】
サポーターが次の理由に該当する場合、本会事務局の議決により、本会は、これを除名することができる。
1. 本会が定める規約に違反したとき
2. 本会の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき
3. 会員資格を喪失したとき

第四章 サポーターの権利と義務
第七条【サポーターの権利と義務】
1.サポーターは本会に所属する。
2.サポーターは本規約を尊重し、遵守せねばならない。
3.サポーターは本会メーリングリストに登録される。
4.サポーターは4.のほか、本会の定めるサポーター特典を受けることができる。
5.サポーターは本会の運営に対し、運営委員に異議を申し立てることはできない。

第八条【権利譲渡等の禁止】
サポーターは、サポーターとしての資格及び権利について、本会に無断で全部または一部を第三者に譲渡し、あるいは貸与・売買・名義変更・質権の設定等を行うことはできないものとする。

第五章 サポーター年会費
第九条【年額】
サポーターが納付すべき会費は、分類に応じて、次のとおりとする。
サポーター分類 年額(1口あたり)
法人サポーター 30,000円
個人サポーター
  一般サポーター 10,000円
  学生サポーター 3,000円

第十条【納入方法】
1.会費の納入は、原則的に、以下三通りの方法による。本会ホームページからのクレジットカード決済(1年ごとに自動引き落とし)、本会事務局への直接納入、本会所有口座振込み、である。
2.会費の納入に要する振込み手数料等は、納入者の負担とする。

第十一条【拠出金品の不返還】
既に納入した会費及びその他拠出金品は返還しない。

第六章 サポーター入会及び退会手続き
第十二条【入会手続】
個人サポーターとして入会しようとするものは、本会事務局宛に所要事項を記入の上、本会代表に申込むものとする。
法人サポーターとして入会しようとするものは、入会申込書に所要事項を記入のうえ、署名・捺印し、本会代表に申し込むものとする。

第十三条【退会手続】
サポーターは、定められた更新期間内に更新手続きを取らない場合、自動的に更新となる。退会時は、本会事務局宛メールにて退会届を通知する。
法人サポーターは、代表が別に定める退会届に所要事項を記入し、署名・捺印の上、本会代表に提出して、任意に退会することができる。

第七章 サポーターに関わる情報管理
第十四条【サポーター情報の取り扱い】
本会は、サポーターについての個人情報は個人の同意を得た許諾範囲においてのみ利用する。

第八章 改正
第十五条【本細則の変更】
本細則は運営委員会において投票総数の過半数の賛成を得なければ変更することはできない。

第九章 補則
第十六条【その他】
サポーターについて本細則に定めのない事項であって必要な事項は、本会事務局で決定する。

第十七条【準拠法】
本細則の成立、効力、履行及び解釈に関しては、日本法が適用されるものとする。

第十八条【管轄裁判所】
本会とサポーターの間で問題が生じた場合には、協議するものとする。また、訴訟の必要性が生じた場合、東京地方裁判所を第一審管轄裁判所とする。

付則

1.本規約は平成23年11月5日から施行する。


以上

HP移転のお知らせ
jaih-sのウェブサイトは
下記URLに移転しました。
お気に入りや、ブックマ
ークに登録されている方
は、お手数ではございま
すが、変更をお願いいた
します。
http://jaih-s.org/
jaih-s
国際保健とは
twitter
書籍の購入
amazon.co.jp
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失