日本国際保健医療学会 学生部会
SmartClient is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
窪田祥吾(くぼたしょうご)先生 窪田祥吾(くぼたしょうご)先生
■ご所属:熊本赤十字病院小児科、東京大学大学院医学系研究科・国際地域保健学教室、
       こころっコロ『命の教室』代表

1) ご専門分野
母子保健、小児の生活習慣病予防〜非感染性疾患(NCDs)、 生と死の教育

2) ご経歴
2001年Wesleyan大学宗教学部卒業
2006年金沢大学医学部卒業
2006-2008年聖路加国際病院小児科コース
2008-2010年日本赤十字社医療センター小児科
2010-2012年JICAラオス南部母子保健統合サービス強化プロジェクト
2012年7月より熊本赤十字病院小児科

3) 現在のお仕事でやりがい を感じるのはどんなときですか。
臨床現場でのやりがいは、身体的な病気のみならず、家族全体に関わる課題や
子どもやそ の親の精神的・心理的な課題に対して共に取り組んでいけた時。
国際保健でのやりがいは、一緒に取り組んできたことを現地の人が自分達で作り
上げたも のだと誇りを持って話しているのを見た時。

4) 学生時代をどのようにす ごされましたか。
高校時代はタイで出家。天文学部時代は宇宙と睨めっこ。宗教学部時代はインド
で在家寺籠り。医学部時代は国際保健・地域保健のサークル立ち上げ、国際医
学生連盟でプロジェクトの立ち上げ、ダンス(Contact Improvisation)で稼い
だ金で一人旅。

5) 国際保健分野を志し たきっかけはなんですか。
高校生の時、タイの田舎で1年 間ホームステイ、出家生活を過ごし、途上国に魅
せられた。将来は、どこでも役に立ち、人間が生きる上での根本的なところに関わ
っていきたいと思うようになった。

6) 学生へひとことメッ セージ
喜び、感謝、怒り、悔しさ…。森羅万象に多情多恨たれ。違和感に慣れず、怒り、悔
しさをばねにして、感謝を忘れず、喜びを分かち合い、分かち合うことを喜ぶ。人を
動かすのは、その感情。大切に。

7) ご著作・おすすめの 本
Honey Hunters of Nepal
般若心経
茶の本(岡倉天心)
                                            (最終更新日:2013/01/28)

 
Statistics
This page has been seen 5220 times
This client's website has been visited 0 times

HP移転のお知らせ
jaih-sのウェブサイトは
下記URLに移転しました。
お気に入りや、ブックマ
ークに登録されている方
は、お手数ではございま
すが、変更をお願いいた
します。
http://jaih-s.org/
jaih-s
国際保健とは
twitter
書籍の購入
amazon.co.jp
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失