日本国際保健医療学会 学生部会
SmartClient is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
河村洋子先生 河村洋子先生
・ご所属 
熊本大学政策創造研究教育センター 准教授

・ご専門分野
健康教育、ヘルスプロモーション、ヘルスコミュニケーション

・ご経歴
1998年3月中央大学法学部法律学科卒業後、4月に株式会社ディーシーカード(現UFJニコス)入社。入社後ストレスで体調を崩したのをきっかけに、健康に関連することを学びたいと思い始め、それまで思い続けていた留学を決意し、2000年6月に渡米し、8月よりアラバマ大学バーミングハム校公衆衛生大学院に入学、5年間で修士と博士課程を修了する。2006年12月帰国後、2007年2月からベネッセ教育研究教育センターに研究員として約1年間勤務し、2008年4月より国立がんセンター(現国立がん研究センター)がん対策情報センターでリサーチレジデントとして勤務。博士研究論文を書き終え、帰国を決心してから、いくつかわからないほどの公募応募を経て、2009年8月より現職に着任。 

・現在のお仕事でやりがいを感じるのはどんなときですか。
自身の教育や研究活動をする中で、その成果を受け取っていただきたい人たちの納得の様子を観ることができたとき。

・学生時代をどのようにすごされましたか。
高校までは部活に励んでいました。高校では生徒会活動にも参加しました。大学はチアリーディング部に所属し、仲間とともに大学時代を練習に捧げました。

・国際保健分野を志したきっかけはなんですか。
国際保健との関わりは若干有りますが、現在のフィールドは国内が中心です。ということで、専門分野の研究者として志したきっかけは、大学院博士課程メンターであるコーラー博士との出会いです。出会いに偶然はないということをつくづく感じます。

・学生へひとことメッセージ
父が教えてくれた言葉で、座右の銘にしているのが「難がないのは無難な人生、難があるのが有り難い人生」です。
私の場合忙しくてつらくにっちもさっちもいかない!と言う状況になるとぼやいてしまうのですが、そんなときこの言葉を思い出し、いやいやこれぞ成長の瞬間と思うようにしています・・

・ご著書
地域づくりやコミュニティをマネジメントするなかでのコミュニケーションの役割について触れています:地域における関係性のマネジメント(コミュニティ・マネジメントのすすめー成分堂よりー内第4章)

・おすすめの本
比較的最近読んだもので、出会いの必然性を科学的に証明する興味深い本です:「つながり:社会的ネットワークの驚くべき力」by ニコラス・A・クリスタキス
私が知っている中で、最も英知が詰まっていると思う理論:Diffusion of Innovation by Everette Rogers

 
Statistics
This page has been seen 1892 times
This client's website has been visited 0 times

HP移転のお知らせ
jaih-sのウェブサイトは
下記URLに移転しました。
お気に入りや、ブックマ
ークに登録されている方
は、お手数ではございま
すが、変更をお願いいた
します。
http://jaih-s.org/
jaih-s
国際保健とは
twitter
書籍の購入
amazon.co.jp
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失