日本国際保健医療学会 学生部会
担当者 jaih-sトレーニング合宿  登録日時 2009-11-16 0:18 (5329 ヒット)






jaih-s 国際保健トレーニング合宿



あなたの将来に国際保健はありますか?



 @東京 [2010/03/07-11]



開始時間 00時00分
定員数 24人
予約締切時間 2009-12-28 0:00

トレーニング合宿とは
実施要綱
応募方法・期間
プログラム
参加までの流れ
昨年の合宿
お問い合わせ



◆トレーニング合宿とは◆

日本国際保健医療学会学生部会(jaih-s)では、将来国際保健に関わろうと志望する学部生・院生を対象に、今年で第5回目となるトレーニング合宿を実施します。国際保健に関する講義やパネルディスカッション、ケーススタディ等を通じて、国際保健への様々なアプローチを知り、自分がどのように関われるかを見出すことで、具体的な一歩を踏み出すきっかけとなるプログラムを企画しております。また現場で活躍されている講師の先生方や若手の実務家の方からお話を伺う機会も用意しています。全国から集まる様々な分野の学生と濃密な4泊5日間を共に過ごしてみませんか?
初日には東日本地方会ユースフォーラム及び、国際保健医療学会東日本地方会に参加します。

◆目的◆
(1)「国際保健」という分野で自分がどのような役割を果たしうるかを明確にする。
(2)今自分に何ができるのか、何が足りないのかに気づき、次の具体的な一歩を踏み出すことができる。

◆目標◆
(1)学ぶ:国際保健に関わる様々な視点を理解する
   1)国際協力における国際保健の位置づけを学ぶ
   2)国際保健の中での様々な関わり方を学ぶ
(2)考える:ケーススタディを通じて主体的かつ論理的に考えられるようになる
(3)スキルを得る:国際保健に関して実践的なスキルを1つでも身につける
(4)つながる:多分野の先生方(タテ)や同世代の仲間(ヨコ)とのネットワークを広げる
(5)行動する:(1)〜(4)を生かし、具体的な行動に移せるようになる

◆実施要綱◆

■【日時】 2010年3月7日(日)〜11日(木) 4泊5日
※初日は国際保健医療学会東日本地方会に参加。
※7日の午前から開始予定のため、遠方の方には宿泊施設をご用意しています。(ただし宿泊費用1500円は自己負担となります。)

【初日の集合場所】国立国際医療センター
【初日の集合時間】8:45〜 受付開始、9:30〜 東日本地方会ユースフォーラム開始予定

■【場所】 国立オリンピック記念青少年総合センター
      http://nyc.niye.go.jp/
■【参加者】 24名(参加希望者多数の場合、選考あり)

■【費用】
・参加費:19,000円
・その他:別途、懇親会費(昨年例:2回6000円)がかかります。
・国際保健医療学会員でない方は、別途学生年会3000円(大学生)or5000円(院生)が必要となります。

■【交通費補助】
  遠方からお越しの方には一部交通費補助があります。

■【対象】 国際保健協力を将来の道の一つとして考えている全ての分野の学生、院生
※国際保健には医療系職種の人材ばかりが関わっているわけではありません。様々な分野の専門性が必要とされるので、参加者の学部学科は問いません。国際保健を学びたい方ならどなたでもご応募いただけます。

■【参加資格】[以下の条件をすべて満たしている方]
・3月7日〜11日(東日本地方会から)の全日程参加可能であること
(参加決定後のキャンセルは特別な事情がない限り原則認められません
・学生であること(18歳以上、大学院生を含む)
・国際保健に興味、関心を持ち、将来の道の一つとして考えていること
・申込必要書類を期限までに提出できること
・トレーニング合宿当日までに、こちらが指定した課題図書の読書や自学を行い、合宿に備えようとする意志があること
・積極的に他者とのコミュニケーションを図れること
・国際保健医療学会員(学生会員)であること(申込時に学会員である必要はありません。参加決定後に入会可能です。)
・未成年の場合は、保護者の承諾が得られていること 

◆応募期間・方法◆
 
■【応募期間】2009年12月1日(火)〜12月26日(土)23時59分

■【申込方法】 お申し込みはこちらから

■【応募に関する注意点】
参加者多数の場合には課題作文などによる選考があります。
過去のトレーニング合宿に参加していない方を優先します。


■課題作文
以下3つの題目について各600字程度の課題作文を書いて頂きます。
課題作文1「あなたと国際保健との関わりについて自由に述べてください」 
課題作文2「国際保健医療と地域医療についてあなたの思うところを自由に述べてください」
課題作文3「自由に自己PRをしてください」

◆プログラム◆(予定)  詳細情報は決定次第順次UPDATEいたします。

■【主な内容】
1日目:東日本地方会ユースフォーラム及び学会に参加
2日目:国際保健集中講義、ディスカッション
3日目:PCM演習
4日目:PCM発表、キャリアラウンドテーブル
5日目:ディスカッション「国際保健と自分−次の一歩を踏み出すために」

◆各企画の内容説明◆

■講義(予定)
○国際保健総論
合宿のスタートを切る講義で、まず国際保健とはなにかを総論的に学びます。
国際協力における国際保健の位置づけを説明したうえで、国際保健の理念、アクター、アプローチや、
母子保健、地域保健、感染症、小児保健といった、最近のホットトピックスの基礎知識を学びます。

講師:仲佐保 氏(国立国際医療センター 国際協力局派遣協力課 第1課課長)

○伝統・宗教と国際保健
国際保健と文化の関わりについて、文化、個と集団、病因論、やまいといった言葉をキーワードに文化人類学視点から考えます。

講師:丸井英二 氏(順天堂大学医学部公衆衛生学教室 教授)

○ロジスティクスと国際保健
保健医療分野の開発援助には、エイズや母子保健、感染症対策など、様々な分野がありますが、ロジは分野を横断する分野で、しかも医療のスタッフにとってはあまりなじみのない分野でしょう。ですが、どのプログラム/プロジェクトにも共通する問題です。この講義では、ロジの基本について具体的事例を交えながら学んでいただきます。

講師:野口奈佳恵 氏(蟾餾欒発アソシエイツ パーマネントエキスパート)

○国際保健を巡る資金
国際保健を巡る様々な資金の流れに関して、国際機関の動きを中心に学びます。また、それを通
して医療以外の面からの国際保健へのアプローチを理解することを目的としています。

講師:稲場雅紀 氏(GCAP Japan事務局アフリカ日本協議会

○国際緊急人道支援(パネルディスカッション形式を予定)
・国際保健分野で重要な位置を占めている緊急人道支援(災害援助、難民支援など)について、歴史、アウトラインを包括的に理解する。
・国際緊急人道支援を担うアクター、アプローチの多様性を理解し、またインターセクターな協力関係を理解する。
・先生方のケースレポートを通じて、緊急支援現場のイメージをつかむ。
の3点を目的としています。講義に加えて座談会形式のディスカッションを取り入れることで、より多角的、総合的に「国際緊急支援」を考える時間です。

講師:中村安秀 氏(大阪大学大学院人間科学研究科国際協力論、NPO法人HANDS代表理事)
    中田敬司 氏(東亜大学医療工学部 准教授、国際緊急援助隊医療チーム研修担当委員、HuMA理事研修委員長)

※各分野に精通されている講師をお招きする予定です。決定次第、ホームページ上にアップします。

■PCM手法を用いた問題分析・計画立案演習
PCM(Project Cycle Management)手法は、国際協力、特に参加型開発の現場で実際に使われている問題分析・計画立案手法のひとつです。今回のトレーニング合宿では、実際に事例を用いて分析を行いながらPCM手法の概要を学びます。演習を通じて様々な立場の人々とともに問題を分析し、改善策を見つける視点を身につけます。

■キャリアラウンドテーブル(若手国際保健実務者の方々を交えたキャリア相談)
国際保健の現場で活躍している、あるいはその経験を持つ若手の実務者の方々から直接お話しを聞くことにより参加者であるみなさん自身が具体的に将来のキャリアプランを考えてみてください。その道に進むためにはどのような方法があるのか、先輩方から具体的なお話を聞くことができると思います。

ご協力いただく講師の方々:
瀬戸口千佳さん(特定非営利活動法人TICO、事務局員)
門元記子さん(東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻専門職課程2年、2009年度JPO派遣候補者)
加藤琢真さん(横浜市立市民病院、小児科医)
西村直子さん(埼玉県立大学理学療法学科4年、元JICAジュニア専門員)

その他にも充実したコンテンツを企画して、皆さんのご参加をお待ちしております。

◆参加までの流れ◆

/修傾みフォームを送信(12月1日から12月26日まで)
      ↓
△垢阿房信確認の自動送信メールが届く。
(自動送信メールが届かない場合は、すぐに下記連絡先にメールでお問合せください。)
      ↓
A考結果の通知が届く(1月中旬まで)
 申し込み締め切り(12月26日)後、1月中旬までに、
 申込者全員に選考結果をお知らせするメールが担当者から届きます。
      ↓
ぁ屮肇譟璽縫鵐姐臀2010メーリングリスト」へ加入する。
 参加者決定後、連絡用に「トレーニング合宿2010参加者ML」を作成します。
 MLに参加できているか確認してください。
      ↓
イ修慮紊力⇒蹐蓮◆屮肇譟璽縫鵐姐臀2010参加者ML」でお知らせします。
      ↓
合宿当日気をつけてお越しください。お待ちしています!

◆昨年の合宿◆

昨年実施したトレーニング合宿2009の報告書を見ることができます。
http://www.jaih-s.net/modules/tinyd10/index.php?id=72

◆お問い合わせ◆

本イベントに関するお問い合わせは以下のアドレスにメールでお願いいたします。

トレーニング合宿事務局
training-camp☆jaih-s.net
(☆を小文字の@に直してお送りください)
*ご連絡の際は、件名の最初に【トレーニング合宿2010】と記載してください。

受付を終了しました
HP移転のお知らせ
jaih-sのウェブサイトは
下記URLに移転しました。
お気に入りや、ブックマ
ークに登録されている方
は、お手数ではございま
すが、変更をお願いいた
します。
http://jaih-s.org/
jaih-s
国際保健とは
twitter
書籍の購入
amazon.co.jp
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失