日本国際保健医療学会 学生部会
担当者 jaih-s総会  登録日時 2012-6-7 19:38 (9633 ヒット)


総会ユースフォーラム2012 @岡山大学 津島キャンパス(岡山県岡山市)
[2012/11/3,4]



未来を見据え、未来を学べ
−世界のいのちを救いたいあなたへ−


事前申し込みは計173名の方々のお申込みの後に終了いたしました。
当日受付にてもご参加いただけます。



<☆総会ユースフォーラム班員によるblog更新中♪☆>
【第一弾!】『総会ユースフォーラム2012〜概要・総会班の紹介〜』
【第ニ弾!】『2012年の総会ユースフォーラムとは?』
【第三弾】『オープニング講演について』
【第四弾】『教育講演について』
【第五弾】『クロージング講演について』
【第六弾】『パネルディスカッション』
【第七弾】『班長の想いと総会YFの宣伝』




イベントの趣旨説明
実施概要
プログラム
各企画の内容説明

開始時間 08時30分
定員数 200人

◆イベントの趣旨説明◆

ごあいさつ


こんにちは!総会ユースフォーラム2012のHPにお越し頂き、
ありがとうございます!
おかげさまで今年で第7回目となりました、jaih-sの総会ユースフォーラム!
今年のテーマは…

未来を見据え、未来を学べ
−世界のいのちを救いたいあなたへ−


“世界のいのちを救いたい”と切に願う、熱い心を持った学生に
10年後、20年後、果てにはその先までを見据え
ぜひ、国際保健医療の現場で輝いてほしい!!
という想いでこのテーマを設定しました。

私たちが国際保健医療の現場に立つのはいつですか?

早くても10年、20年先のこと。
刻々と変化する世界情勢・・・
“今、現在”の国際保健医療の勉強だけでいいのでしょうか?

“未来”に想いをはせ、“未来”の国際保健医療について
一緒に考えてみませんか?

全国の学生のみなさん!!
今年の秋は
ぜひjaih-s総会ユースフォーラムへ!!!
みなさんのご来場をスタッフ一同、心からお待ちしています!


2012年6月 スタッフ一同



☆参考:昨年の [総会ユースフォーラム2011 @東京大学] の様子もご覧ください。


◆実施概要◆

■会期■

2012年11月3,4日(土、日)

■会場■

岡山大学 津島キャンパス (岡山県岡山市)
岡山大学津島キャンパスまでのアクセスはこちらをご覧ください。
http://www.okayama-u.ac.jp/tp/access/access_4.html

受付は50周年記念館の入口にあります。学会の受付の隣になります。

■参加方法・費用■

◇◆◇参加方法◇◆◇
ただ今、当日参加を受け付けております。(参加費当日受付支払)
※9月30日をもって事前申し込みは終了いたしました。たくさんのお申し込みありがとうございました。


◇◆◇ 費用 ◇◆◇
総会ユースフォーラム:当日申し込み1500円
※10月1日以降は当日申し込みの扱いとなります。
 


◇◆◇本学会と合同の懇親会のお知らせ◇◆◇
日時:11月3日(土)19:00-20:30 会場:岡山大学 ピーチユニオン3階
(注:マスカットユニオンから変更になりました。)
参加費:学生1,000円
本学会の先生方や全国から集まった学生と交流できる、貴重な機会です。 ぜひ、奮ってご参加ください!
※総会参加費・懇親会参加費支払いにつきましては当日の受付で回収いたします。
※事前にお申し込みいただいていない場合、人数の関係上ご参加いただけない場合がございます。予めご了承ください。

■申込定員■

総計200名

■参加資格■

国際的な課題に関心のある多分野の学生・高校生、各講演会のテーマに興味関心のある学生・高校生

■リンク■

11月3日(土)〜11月4日(日)に同時に開催されます 2012年度 第27回日本国際保健医療学会学術大会 合同大会 「みはなさない、その命!」 もどうぞご参加ください。jaih-s総会ユースフォーラムに参加される方はこちらにも参加することが出来ます。 詳細は第27回日本国際保健医療学会 学術大会HPをご覧ください。

■その他の注意事項■

・宿泊に関して
jaih-sでは宿泊施設の紹介を行っておりません。遠方からいらっしゃる方は、各自で宿泊施設のご予約をなさってください。岡山駅付近にて宿泊されることをおすすめいたします。
混み合う可能性が考えられますので、お早めのご予約をお願いいたします。

・最新情報に関して
スタッフ一同、参加者全員のみなさまにとってこの総会ユースフォーラムが貴重な時間となるよう準備を進めている次第です。総会ユースフォーラムに向けてのスタッフの様子や決定事項などはこのHPに加え、以下のSNSから発信していく予定ですので、こちらもぜひご覧ください!
jaih-s Facebookページ
http://www.facebook.com/jaihs
jaih-s ブログ
http://jaih-s.blogspot.com/



◆プログラム◆

総会ユースフォーラム タイムテーブル
11月3日(土)
8:30-  受付開始
11:50-12:50 オープニング講演
13:00-15:00 パネルディスカッション
15:00-15:35 jaih-s総会

11月4日(日)
8:30-  受付開始
9:00-10:15  教育講演
10:30-12:00 クロージング講演
12:00-12:30 クロージング

◆各企画の内容説明◆


⇒講師・パネラー ご略歴一覧

【オープニング講演】アフリカ・保健システム・妖術世界;ホールシステムアプローチの可能性
講師:杉下智彦先生(JICA国際協力専門員〈保健分野課題アドバイザー>)
あなたが国際保健の現場で助けたいと思う人たちがどんな価値観や考え方を持っているか考えたことはありますか?そもそも考える必要があるのでしょうか、あるとしたらなぜですか?世界はグローバル化していますが人々の在り方が画一的になってしまったわけではありません。アフリカの妖術世界を覗いて私たちにとって異質な社会のことを、理解しようとチャレンジしてみましょう。もし「妖術なんて野蛮で不可解なだけだ」と思っているなら少し考えが変わるはずです。あなたの世界を、そして国際保健への向き合い方のスケールを大きくしましょう。ヒントはこの講演会にあります。
(担当:有野)
                         
【パネルディスカッション】未来をソウゾウせよ!-10年後の即戦力となるために
講師:池上清子先生 (日本大学大学院総合社会情報研究科 教授)
パネラー:明石秀親先生 (国立国際医療研究センター国際医療協力部)
パネラー:土居弘幸先生 (岡山大学疫学衛生学教室教授)

私たち学生が実際にプロとして国際保健医療の現場に立つのは10年、20年先のことになるでしょう。激動する国際保健医療分野の現場を目指す時に、今、学生は現状を学ぶだけで良いのでしょうか。現場に立つ夢を持つ学生に、その夢を諦めないでほしい、現場で若手として即戦力となってほしいとの想いから、本企画では、第1部の講演で10年後の国際保健医療の未来を“想像”し、第2部のパネルディスカッションで参加者のみなさまが自分自身の将来や国際保健医療の未来を具体的に意識し、“創造”していくきっかけを提供したいと考えています。世界のいのちを救いたい!というアツいハートを持ったみなさまのご参加を心よりお待ちしています。
(担当:桐山)

【教育講演】これからのプライマリーヘルスケアの方向性 〜世界中のすべての人に健康を〜
講師:湯浅資之先生(順天堂大学大学院医学研究科公衆衛生学教室准教授)
みなさんはプライマリーヘルスケアという言葉を聞いたことがありますか。プライマリーヘルスケアとは、「2000年までにすべての人に健康を」という目標に対し30年以上前に提唱された概念です。しかしながら、2012年となった現在でも世界中のすべての人々に健康をという目標が達成されていないのが現実です。これから先、この目標を達成するために活動していくのは私たち自身です。この講演でプライマリーヘルスケアとは何なのか、また現在どのような活動が行われているかを知り、そして将来のプライマリーヘルスケアの方向性について一緒に考えてみませんか?
(担当:吉村)

【クロージング講演】伝えたい!世界の子どもたちの現在と未来
講師:平林国彦先生 (ユニセフ東京事務所代表)
今、世界の子どもたちは、安全な場所で将来に希望を持ち、健康に生きているのでしょうか。残念ながら、多くの子どもたちはそうではありません。多種多様な問題を抱えながら生活し、社会の犠牲になっているのが現実です。世界の子どもたちのこのような現状を改善するために、国際保健医療分野からどのようなアプローチが可能なのでしょうか。時代の変化に流される世界の子どもたちを取り巻く環境、子どもたちの抱える問題、貧困や不公平さに対する理解を深め、激動する時代の中で今後どのような子どもたちが増えていくのか、そのような子どもたちのQOLの改善をいかになしていくべきなのか、一緒に考えてみませんか?自分に何ができるのだろう・・・そう思っているあなた!きっと何か見つかること間違いなしです!!
(担当:内藤)

【ポスター展示】11月3日(土)10:00〜4日(日)15:00
近年、途上国における保健医療に関わるCSR活動に、積極的に取り組む企業が 増えてきました。本ポスター展示では、味の素株式会社の方にご協力賜り、 国内の食品業界の先頭を切り、途上国の人々の“いのち”を守るために行って来られた CSR活動を紹介していただき、学生に今後の国際保健医療分野と企業の関わりの あるべき姿を考えてもらう場を提供することを目的としています。ODAの分配金が なかなか保健医療分野に回って来ない中、この分野への投資を増やそうとしている 企業の動向を、ぜひ参加者の方々にも知っていただきたいと考えています。jaih-sが、 社会貢献を目指す学生と企業をつなぐ、架け橋のような存在になれれば幸いです。
(担当:桐山)

※注:学生の方は事前申し込みの有無に関わらず、参加費・懇親会費のお支払いを当日会場にてお願いいたします。

HP移転のお知らせ
jaih-sのウェブサイトは
下記URLに移転しました。
お気に入りや、ブックマ
ークに登録されている方
は、お手数ではございま
すが、変更をお願いいた
します。
http://jaih-s.org/
jaih-s
国際保健とは
twitter
書籍の購入
amazon.co.jp
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失